a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

ヨブ記(7)

今朝は寒くなった。

仕事に行く娘と姪を送り出す。

泊まり客があるのは大好きだけど、たった一つ困る事は朝刊が読めないこと。

しゃべっているとあっという間に時間が経ってしまう。

そんなわけで午前中の時間は消え去った。

午後は「優しい体操」に。

今年初めてで気合が入る。でもお正月怠けていたので体は鈍っていてふらふらだった。

今日より元に戻す!!

「歌の会」にも出席した。

 

  *  *  *  *  *  *  *  *

 

婦人聖書の集いより

ヨブ記(7)

神は苦難の中にあるヨブを慰めるように特別の希望の奥義を示された。

聖書 ヨブ記19:25、26

 私は知っている。

 私を贖う方は生きておられ、

 後の日に、ちりの上に立たれることを。25

 私の皮が、このようにはぎとられて後、

 私は私の肉から神を見る。26

 

1、この言葉は復活の希望を意味している

私を贖う方 (贖う=本来「買い戻す」を意味しているが、「救い」と同じ意味である。

 新約聖書に多く使用されている→キリスト御自身の血で私たちを神の家族の一員として買い戻して下さったこと)

私を贖う方は生きておられる

 「贖う方」とは「救い主」を意味する。 その救い主は死後の世界でも生きておられる、との意。

後の日にちりの上に立たれる=ヨブが死んで「ちり」(死んでちり灰になっても)キリストは死の体の自分のために立ってくださる、との意。

 

旧約聖書の時代はおぼろげながらしかなかった死後の明確な復活の希望を苦難のヨブに神は与えられた。

 

2、励まし

神は苦難に会う者にあわれみ深い

 見なさい。

 耐え忍んだ人たちは幸いであると、私たちは考えます。

 あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いています。

 ・・・・・・

 主は慈愛に富み、あわれみに満ちておられる方だということです。ヤコブ5:11

 

 ・苦難で知る神の御心がある

 苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。

 私はそれであなたのおきてを学びました。 詩篇119:71

おきて=みこころ

 

・全てを奪う死に打ち勝つ復活の希望によって、地上の労苦が無駄にならない事を示す。1コリント15:58

・希望と願い

 主は私にかかわるすべてのことを、

 成し遂げてくださいます。 詩篇138:8

 

 一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。

 しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。 ヨハネ12:24

破れ口に立て

今日からようやく普通の日課が始まった。

火曜日は暇なので、午前中に聖書の勉強ができた。

日曜日に礼拝でメッセージを聞くが、忘れっぽいのである。

今日は火曜日。大分忘れかけている。

土曜日になると殆ど忘れ去られている。

だから日曜日は必ず礼拝に出て説教を聞く必要があるのだ。

 

夕方、横浜から姪が来た。

おやつを食べながら積もる話をする。

f:id:a-doll:20180109161855j:plain

お土産の葛餅。カステラも食べた。

夕飯は豚肉のしゃぶしゃぶ。

 

 

日曜礼拝メッセージより

「破れ口に立て」

 

聖書 エゼキエル22:30

 

破れ口はどこにあるか?家庭、仕事、健康など。

人は破れ口にたって修理をするのがつとめである。

ところがエゼキエルは修理できなかった。

なぜ?

それはある間違った考えに捕らわれたからである。その理由は、

1、不幸の時代を過ごしていた・・・バビロン捕囚。

屈辱の思いで過ごしていた。

彼らの言い分は「先祖が悪いからしょうがない・・・」18:1~4

「何々の所為」と言い訳をする責任転嫁を止めよ。

 

2、苦々しい思い

喜び、感謝がなくて生きるのは良くない。3:14、15

喜びをもって生きる。

神の愛を受けとめ直す。

 喜びをもって主に仕えよ。

 喜び歌いつつ御前に来れ。 詩篇100:2

 

3、未来に希望を持つ事

 谷間の真ん中に置かれた多くの干からびた骨。

 主はこう仰せられる。

 見よ。わたしがおまえたちの中に息を吹きいれるので、おまえたちは生き返る。37:1-5

バビロンのイスラエルの民が希望をもって回復へ歩む。

 

日本人の多くが神社で引くおみくじ。

「凶」が出れば木の枝に結ぶ。

クリスチャンの特権は「凶」全てをキリストが十字架で受けてくださった。

大きな恵みと特権である。

 キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、

 私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。

 なぜなら、

 「木にかけられる者はすべてのろわれたものである」と書いてあるからです。 ガラテヤ3:13

 

 

 

閉じ込められて

一日中雨。

掃除、アイロンがけ。

どこにも出ずに家に閉じ込められてテレビ漬け。

冷蔵庫の中を覗いてメニューを考える。

 

最近よく作るオニオンスープ(玉ねぎが冷蔵庫に沢山あるので)。

玉ねぎ1個をスライスして、バターでよく炒める。

キツネ色になったら、360CC(2人分)の水を入れて欧風スープの元を入れてしばらく煮る。味見をしてから少し塩を足したら出来上がり。

煮ている間に他の炒め物を1品作れる。

今日はレンコンしめじベーコン豆苗の炒め物、と出し巻き卵。

 

いつも食べてしまってから写真を撮るのを忘れたのに気づく。

友達を見舞う

元旦から今日まで怠けに怠けて過ごした。

ポストとかスーパーまでしか歩いてなかった。体は鈍っている。

今日は教会へ歩いて行く。

 

礼拝の後久しぶりに友達とテーブルを囲んでランチをしながらおしゃべりをする。

メンバーは5人。

今日はYさんが欠席だった。

腰が痛くて胸も痛くて教会に来られないらしい。

彼女は80歳。

以前にも圧迫骨折をしているので、心配になって4人で家まで見舞いに行く。

顔色は悪くなかったけれど、痛くて動けないという。

 

休み明けに病院へ診察に行くようだ。

痛みが取れて元の元気な体になるよう祈ろう。

 

ぼーっとした1日

冬の朝は眠い。

自然に目が醒めるのは7時半なので、最終段階の深い眠りにある時ベッド脇の電話が鳴った。

この時間地震でも雷でも目が覚めない私なのだ。

「・・・こんな朝早くに誰やろ?」と取ると、娘の知人だった。

娘のiPhoneが石の上に落ちて壊れたので通じないので、家電にかけてきたのだった。

聞けば彼女の母上の訃報だった。

私は半ば眠っている状態なので、うまくお悔やみも言えず・・・「娘に後で伝えておきます・・・むにゃむにゃ」。

時計は6時20分だった。

 

夜は10時以降、朝は9時前に電話がかかることは滅多にない。しかも多くは携帯にかかる。

この歳になると、さしたる緊急事態は無いのである。

訃報が入っても昔のように跳んで行ってお悔やみをいう時代じゃないし。

 

というわけで今日は朝からぼんやりした1日になった。

朝刊のBパズルを解いて、午後は録画の「日曜美術館」を見ながら昼寝してしまって、予定していたことは何もせず、ぼーっとした1日だった。

懐かしいテレビドラマ

寒くなった。

時々みぞれ混じりの雨が降る。

ポストまで少し坂道を登ると吐く息が白い。

 

テレビをずっと見続ける。

1980年に放映された向田邦子のテレビドラマ「あ・うん」。

懐かしくて、2回シリーズ9話最後まで見続けてしまった。

アルビノーニのアダージオがずっとバックに流れているのも懐かしい。

 

向田邦子は1981年に飛行機事故で亡くなった。

もし事故がなければまだまだ続編があったのに・・・。

 

脇役に志村喬殿山泰司、田部謙三、笠智衆、など芸達者が出ている。

今時の朝ドラなどは、文句たらたらで突っ込みを入れながら観るのが常だけど、昔のドラマは良い(私も昔人間になったもんだ)。

日常の描き方が、私のイメージにあっている。

正しい。

例えば、のどかな物売りの声とか、主婦の家事の中に衣類を解いて洗い張りを(板張り)していたり、懐かしい情景が誠に心地よい。

 

門倉さんの杉浦直樹、さとこ並びにナレーションの岸本加世子、門倉夫人の岸田今日子、早稲田の学生の永島敏行、魅力的だ。

年月を置いて見るとドラマの魅力も変わってくる。

 

長い間見続けて目がくしゃくしゃ。

あ・うん [DVD]

 

 

 

今年の年賀状

今年の年賀状は52円である。

7日以降の投函は10円の切手を貼らなくてはいけないという。

もし、貼らなかったら戻ってくるのだろうか?

お正月から不愉快なはなし。

忘れっぽい私だから、玄関に置いたまま投函するのを忘れるかも知れないから、返事の年賀状ををさっさとポストに入れてくる。

やれやれ・・・。

お正月からせわしないことや。

 

以前は16日まではお正月で「松の内」と言ってどこもお正月気分だった。

不精な人の賀状が1枚15日に郵便受けに入ったりすることもままあった。

その上節分までは「おめでとうさん」と挨拶する人が多かった。

私たちの世代では、今でも1月一杯は新しい年に入って初めてお会いしたらお互いに「新年おめでとうございます」と挨拶し合うけれど。

 

年賀状の話に戻る。

枚数を減らしたけれど、結局昨年とほぼ変わらない年賀状を出すことになった。

忘年会で会った時に「年賀状は出さないことにしましょう」と言ったのに、来た!来た!何枚も。

約束取り決めを忘れてる。

 

受け取る年賀状にはいくつか種類がある。例えば、

表も裏も印刷で添え書きもなし。(出したで〜)

印刷だけどペンで一言優しい言葉が書かれているもの。これは嬉しい。

特に亡夫の友人からの「お元気になさっていますか」と添え書きされていて宛名も少し震える字で書かれているのを手にするとじわーと目が潤んでくる。

 

宛名を印刷せずに自分で書く。(私もこれ)

上手とか下手関係なく、その人の個性が現れて忙しい時に書いている姿まで偲ばれて嬉しいのである。

まあ、最近は、印刷のフォントで誰かほぼ分かるようになってきたけれど。

 

91歳の先輩は老人ホームから下さったし、45年前に入院した時に長く二人部屋にいた今89歳の友達(彼女は癌だった)からも・・・これは希望が沸いてくる賀状。

 

何と言っても嬉しいのは1枚ずつ手書きの(裏も表も)もの。

絵を書いていた時の仲間Mちゃんは遠く離れて住んでいて長く会ってないが、まだ絵筆を使っているようで、鮮やかな抽象画がハガキから溢れそうに描かれて、その上に自分の近況が書いてある。

Mちゃんはかなり年下だが、この年賀状は元気になる。

かなり会いたくなる。

会えない。でも1枚の年賀状は心を繋いでくれている。