a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

アル中の人

合唱団の友達Mさんからご主人が亡くなったと電話が有った。
彼女の夫はアル中で精神病院に入院していたが、今年に入って癌になり手術をしたが予後が良くないと聞いていた。
彼女は長女で、自分の父の家の地続きに家を建てて暮していたが、父と夫が中悪くてとうとうご主人は家を出てしまったのが悲劇の始まりだ。
ご主人は事業を失敗したりして不運な人生だったみたいだ。
彼女が夫より実の父を頼ったのも解らないではないけれど。
一人暮しになって淋しくて酒量も増えたことだろう。
アル中もひどくなると精神に異状を来すのだ。
彼女が見舞いに行くと自分の母親だと思って「小遣いおくれえな」と言ったらしい。
悲しいなあ。
亡くなって悲しいと言うよりほっとしたみたいだ。
こんな辛い夫婦もあるのだ。
今日は同窓会のコーラスに行く。
童謡の混声合唱曲「くもさん」「おなかのへるうた」の練習。
湯浅契先生がレッスンをしてくださった。
美しくて魅力的だし、エネルギッシュで乗せるのが上手。皆気が付くと表情まで先生の真似をしているのだ。
充実した時間を過ごしたと感じる。
終わってからは上二のいつもの店でビールを飲んでしゃべる。参加8人。