a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

婦人聖書の集いより

キリスト12弟子「ペテロ4」 裏切り
ルカ22:31、54−62

1、ペテロの裏切りの原因
ペテロがキリストを愛し主と信じていたのは偽りではない。
その彼がキリストを裏切ってしまう。ルカ22−60
4つの原因が考えられる。

・自信過剰 22−33
 シモンはイエスに言った。
 「主よ。ご一緒になら、牢であろうと、死であろうと、覚悟はできております。」
自己認識は当てにならない。むしろ主に知られている自分こそ真の自分である。

・警告の無視 22:34
 しかし、イエスは言われた。
 「ペテロ。あなたに言いますが、きょう鶏が鳴くまでに、あなたは三度、わたしを知らないと言います。」
自信過剰の時、警告が聞こえない。

・祈りを怠る 22:40、45
 いつもの場所に着いたとき、イエスは彼らに、「誘惑に陥らないように祈っていなさい」と言われた。40
 イエスは祈り終わって立ち上がり、弟子達のところに来てみると、彼らは悲しみの果てに、眠り込んでしまっていた。45
弟子達の悲しみは何故の悲しみか?
イエス様が父の御元に行かれると知り、別れるときが来たのを悲しんだ。人間的な悲しみである。

・どっちつかずの立ち位置 22:54
 彼らはイエスを捉え、引いて行って、大祭司の家に連れてきた。
 ペテロは遠く離れてついて行った。
イエスを追いかけもせず、逃げもせず、心に動揺があった。

2、裏切るペテロに対するキリストの愛
22:32のキリストの言葉から学ぶもの
 しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。
 だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。
・愛と赦し
・信仰がなくならないようにとの、とりなしの祈り
・挫折経験さえ用いる神のご計画の恵み→立ち直ったら

3、ルカ22:61 キリストに見つめられたペテロはどう感じただろうか
 主が振り向いてペテロを見つめられた。
 ペテロは、「きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言う」と言われた主のおことばを思い出した。
イエス様の眼差しは良心を目覚めさせる。絶えずイエス様と1対1で見つめ合う。するとハッと自分の本当の姿に気がつく。
ペテロはハッと気づき、後悔で辛く悲しい思いをしたと思う。

ヘブル7:24、25
 しかし、キリストは永遠に存在されるのであって、変わることのない祭司の務めを持っておられます。
 したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。
 キリストはいつも生きていて彼らのために、とりなしをしておられるからです。