読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

姉の怪我

今日は予定がなくぼーっとして過ごしていたら、緊急電話があった。

 

横浜の姪からで「母が家で倒れているけど、ヘルパーさんは鍵を持っていないからドアが開かない」ということだ。

娘が合鍵を預かっているので、車で30分のM子姉ちゃんの家に駆けつけた。

到着したら、なんとか頑張ってドアを開けられたようで、ヘルパーさんケアマネジャーさんとベッドの横でへたり込んでいる姉が居た。

 

昨日の夕方、デイサービスから帰って家に上がった時滑って転んだらしい。

激痛で一晩中動けずに居たのだ。

朝10時、訪問したホームヘルパーさんがチャイムの返事がないので、窓から覗いて分かったのだった。

 

救急車を手配してもらう。娘は車で私は姉に付き添って病院に向かった。

レントゲンを撮ったら、大腿骨骨折。

ボルトで繋ぐ手術をするしかない。

放っておいたら寝たきりで廃人になってしまう。

 

ドクターの説明は分かりやすく、高齢の患者に対しても丁寧で信頼おけそう。

手術は来週月曜日に決まった。

何と言っても86歳だからリスクは大きいだろうけれど、M子姉ちゃんに頑張ってもらうしかない。

 

「昨日から何にも食べてへんねん〜」というから、看護師さんに断ってお稲荷さんと巻き寿司を少し食べさせた。

 

点滴の太い針も血管に入りにくいし、安静だから褥瘡にもなりやすい。

早速体位交換の時間割表がベッドの上に貼られていた。

 

ケアマネジャーさんの対応の確実で優しいこと。救急車の的確な指示、病院のスタッフの優しさ・・・日本の医療体制の素晴らしさに改めて感動した。

出来るだけ迷惑をかけないよう、転ばないように気をつけようと改めて思う。