読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

怖い薬の副作用

今日はコーラスの友達Nさんが実際に経験した怖い話。

インフルエンザになったので近くの医者に行った。

検査の結果、インフルエンザと分かったのでその場で薬を吸入したという。

薬の名前は「リレンザ」。

Nさんは薬剤師(今はもう引退している)だけどこの薬は初めてで、帰宅して体調が悪くなって、夕方気を失ってしまった。

ご主人が急変に気づいて、お医者様に電話をしたら「すぐ救急車を呼んでください」ということで、病院に運ばれて入院したのだった。

怖い薬だ。

もし、独り住いだったらどうしようもなかっただろう。

今頃死んでいるかも・・・。

 

Nさんの友人はやはりインフルエンザで「イナビル」という薬を吸入して全身に蕁麻疹が出たのだそうだ。

 

インフルエンザに掛かっても年寄りは医者に行かないほうが良い。

特にアレルギーの有るものは危ない。

安静にして熱の下がるのを待つほうが良いと思う。

 

何よりインフルエンザに掛からないよう気をつけよう。