読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

聖書の女性(15)ーナオミとルツ 2

f:id:a-doll:20170306105642j:plain

ヒヤシンスは太陽が好き。

 

  ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・

 

婦人聖書の集いより

聖書ルツ記2:1-23

 

失意と極貧の中で、嫁ルツを伴い故郷に帰ってきたナオミであったが、

ここからルツの思い切った行動で人生の曙が始まる。

 

1、落穂拾いを決意するルツ

・ルツの勇気ある言葉と行動

このままでは貧しさの中に埋没するしかなかったナオミたちであったが、

ルツの思い切った言動で事態が動き始める。

 

ルツはナオミに言った。

「どうぞ、畑に行かせてください。

 私に親切にしてくださる方の後について落ち穂を拾い集めたいのです。」

 すると、ナオミは彼女に、

「娘よ。行っておいで」と言った。

 

・落穂拾いに関する教え

 土地の収穫を刈り入れるとき、あなたは刈るときに、

 畑の隅まで刈ってはならない。

 収穫の落ち穂を集めてはならない。

 貧しい者と在留異国人のために、

 これらを残しておかなければならない。

 (主がモーセに告げられた言葉) レビ記23:22

 

 

イスラエルでは貧しい者のために落ち穂を残しておくよう教えられていた。

当時の福祉政策である。

 

しかしナオミの言葉にあるように、落穂拾いは「いじめ」が横行する場でもあった。

 

2、最も良い畑に導かれるルツ

「はからずも…一族のボアズの畑」に導かれた。3節

・ルツは全く情報のないまま出掛けて行った畑が『はからずも』ナオミのなき夫の親戚筋ボアズの畑であったとは!

後の祝福を思えば、何という神の導きか!

・私たちの人生にも予期しないところで神の導きがある。

 暗黒と死の陰にすわる者を照らし、

 われらの足を平和の道に導く。 ルカ1:79

 

3、ボアズの親切な取り扱い

・ルツのことをしもべたちに尋ねるボアズ 5-7節

・ルツに親切にするボアズ 8-10節

・ルツの生き方に感心し、11節 報いを与えるボアズ 14-16節

ヘブル6:10

・喜びと嬉しい予感を感じる姑ナオミ 20、23節

f:id:a-doll:20170306202300j:plain

ミレー画 ルツとボアズ