a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

聖書の女性(27)ーヨブの妻②

南天の花

f:id:a-doll:20170613150805j:plain

 

多忙な日々が続いたので、くたびれて伸びている午後も多くて・・・。

聖書の勉強がおろそかになってしまった。

遅れを取り戻す( ^ ^ )/

ヨブ記続きから。

ヨブ記は読むのがしんどい箇所である。


聖書の女性(27)ーヨブの妻

婦人聖書の集いより


ヨブ記は昔から多くの文学哲学に影響を与えてきた書物である。

信仰の世界では苦難の問題は非常に大きい。

今回はヨブの妻の学びを超えて、ヨブ記の主題「なぜ義人が苦しみを経験するのか」について考える。


旧約聖書学者の浅野順一は『ヨブ記』(岩波新書)を記し、その中に下のように語っている。

「人生を一つの円にとすれば、人はその円に『破れ』を生じる。

その破れから冷たい隙間風が、時には強風が吹き込む。

そのため人はその破れを埋め冷たい風が入らないようにする。

そこに多くの宗教の存在理由がある。

無病息災、家内安全・・・は破れを埋める作業に終始する宗教である。

それを否定しないが、同時にその破れから何が見えるかということが最も重要なことではないだろうか。

破れが無かった時には見えなかったものがその破れを通して見える。

健康な時には見えなかったことが病によって知り得る。

私たちは破れを埋めることに心を奪われ破れがなければ見えないものを、破れを通してみるという心構えをおろそかにしてしまうのだ。

これで良いのだろうか」


ヨブが語る「苦難による破れ」から見えてきた世界

1、病の癒しにまさる復活の希望を知る

19:25-27

復活による希望を知るのはキリスト以降の新約聖書を経てからであるが、ヨブは旧約聖書時代にその信仰を授かった。

病の癒しも素晴らしいが最終的に死そのものの癒しこそ最高の恵みである。

ヨブは「破れ」からその希望を見ることが出来た。


2、神の個人的語りかけを知ってさらに神を深く認識する

38:1

全能で愛に満ちた神が、どん底ある時自分を見捨てずにおられたこと、

さらに個人的に親しく語りかけて下さることをを知ったことは大きな恵みである。

 私はあなたのうわさを耳できいていました。

 しかし、今、この目であなたを見ました。 42:5


3、苦難の問題も含めて全ては神の御手の中にあることを知った 38:2-41:34

神は大宇宙と大自然を支配する神の御手を示される。

ヨブ自身その一つにも答えることができない無知を知らされる。40:3-5

ここで神はヨブがなぜ苦難をうけたかについては一言も語っておられない。

ヨブは「あなたはどんな計画も成し遂げられることを私は知りました」と語っている。42:2

破れの経験から知ったことは大きい。


4、友人との論争を超えて激しい執りなしの祈りの恵み 42:8、9

友人たちはヨブを断罪し苦しめたが、その友人たちを許して神に執りなしの祈りをする。

破れの経験は愛に満ちた祈り手になれる。


5、繁栄回復の恵み 42:12-17

驚くべき繁栄の回復が記される。

ヨブは息子7人と娘3人を得る。

かって夫に不信仰の嘆きを語ったヨブの妻は悔い改めたか?

財産は2倍に回復した。

大切なのは10節。

ヨブが友人たちのために祈った時・・・2倍に回復された。

友人を赦す祈りは祝福の土台である。