a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

長姉を見舞う

今朝も寒い。

妹が徳山から新幹線でやってきた。

駅でピックアップし、一緒に昼ごはんを予約しておいた近くの中華料理店「蓮花」で食べる。

このお店は評判が良い。

珍しい素材で丁寧に作ってあって美味しかった。

その足で浜寺の姉の施設を訪問する。

姉は94才。

殆ど寝てばかりだと聞いていたが、私たちが行くと目を開けて「ありがとう」とか「はい」と返事をしてくれた。

晩年の父と同じ顔になっていた。

「お父さんにそっくりになったね」というと頷いて嬉しそうな顔をした。

父に溺愛され、また父を尊敬して生涯を過ごして来た姉なのである。

2人の息子が超親孝行で、毎週訪ねてくるらしい。

部屋に置いてあるCDプレヤーからは優しい懐かしい音楽が流れていた。

長男のお嫁さんが、

「又顔を見に来てあげてください。今日みたいにしっかり目を開けておられるのは珍しいです」と言った。

食事も食べさせて貰っているが、全部平らげているようでこれなら安心。

また会いに行こう。

寒い中を妹は徳山へ帰って行った。

 

妹がくれたお菓子の缶。可愛い〜〜

f:id:a-doll:20171213170125j:plain