a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

クリスマスの燭火礼拝

ちょっと寝坊をしてしまった。
夫はOさんと俳句誌のことで印刷屋に出かけた。
植木屋が来る。
エントランスの両脇の赤い山茶花がちょっとみすぼらしくなったので植え変えてもらう。
植木屋はこの前来た時、竹箒2本と鉄の頑丈な熊手を忘れて行った。
何と忘れて帰った事も忘れてるのだ。
「道具は大切にせなあかんよ、朝のドラマでもやってるやんか」
と、一言云ってやった。
「箒は固めて仰山買うから何本有るか解りませんねん」とほざく。
今の職人はこれだから、使う方も大変だ。
夕食後、夫と近所の金剛バプテスト教会に行く。
クリスマス音楽礼拝だった。
子供達のハンドベル演奏や聖歌隊の賛美歌やヴァイオリンの演奏が有った。
中西牧師のお説教の後、順番に蝋燭を灯してお祈りをした。
大勢の人が来て会堂は一杯。
歩くと床がミシミシ鳴っている。
娘がピアノを弾いているボストンのブラックチャーチの信者だったら床が抜けるかも知れない。
クリスマスに教会に行けて良かった。