a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

愉快な人

余りにも落ち込む話が続いたので、

こんな時に鬱陶しい話は終わり!

 

今日は愉しい人のことを書こう。

愉しい人といえば11年前に亡くなった、うちの夫。

明日が誕生日で、1930年生まれなので生誕90年になる。

80才になる1ヶ月前に死んでしまった。

そして、あと2ヶ月で金婚式なのに、先に天国へ行ってしまった。

 

もうちょっとの事やのに、本当に辛抱の足らん人だった。

 

彼は浮き沈みの激しい生涯だったが、人生の始まりに大きな試練が待っていた。

3才の時に母を突然亡くしたのだった。

夫が言うには背が高くて美しい人だったらしい。

 

父は再婚を願ったが、祖母と独身の叔母(父の妹)が継母はかわいそうや・・と住んでいた名古屋の家から大阪に引っ越して同居を始めた。

(父こそ可哀想)

夫は2人の女性に可愛がられて甘ちゃんのまま大きくなった。

f:id:a-doll:20200423155737j:plain

当時の夫。

 

天性の陽気な性格でお茶目だった。

人懐っこくて誰にも好かれ、友達にも、特に先生に好かれた。

祖母と叔母に溺愛されて、甘えたのお坊っちゃまに成長した。

 

食べ物の好き嫌いが激しかった。

嫌い!といえばすぐ下げて、好物だけを食べさせた。

 

結婚して困ったのは、嫌いな食材が多いことだった。

食べず嫌いが殆どだったけれど、折角料理本を片手に作っても「口に合えへん」と残すのである。

「むかっ」として、ゴミ箱に捨てたことも有ったけれど、そこは辛抱強く育てられた私。

ここをチャンスと、嫌いな食材のリストを作り、好きなものだけ食膳に出した。

毎日同じでも文句は言わない。

これは調理を担う妻として楽だった。

 

本当の美味しいものを知らないだけで、少しづつ誤魔化して嫌いな食材をメニューに加えたら、知らないで食べてしまうということもママあり、扱いやすい。

叔母も料理をしなかったし「おふくろの味」云々を言わず、これも助かった。

名古屋味噌ときしめんが好きなのには往生したけれど、だんだん私の味に変えてしまった悪い妻の私。

 

女性の理想像を母「忘れじの面影」に求めたけれど、亡くなった母親は楽天的な人だったらしく、毎日子守に子供を託し、芝居見物や映画や買い物に出歩いていた人だったという。

亭主(夫の父)が帰宅しても、まだ食事の用意は出来ていなくて、部屋に新聞を広げて読みふけり、耳掃除をしていた。

と夫から聞いた。

 

私に「僕のお母ちゃんはもっと出歩いとったで~お前も外へ遊びに行ったらええねん」と言った。

「誰が子守をしてくれるのん?」

・・・・。

ベビーシッターを雇う余裕なんか無いのに。

少し娘が大きくなった頃には、時々遊園地に連れて出かけ、私は映画を観たこともある。

彼の中には現実と妻への思いやりが繋がらなかっただけ。

 

娘が成長してからは二人で出かけた。

甲子園の野球見物。

楽しみ方を知っている人で、大きな声で野次を飛ばしていた。

「**何やっとんねん!ピッチャー交代、こうたい!」阪神ファンのよくあるパターン。負けたら選手をボロカスに言うのである。

夫がこれだった。

 

芝居見物、歌舞伎も新劇も、宝塚も。

フェスティバルホールでは当時託児室が設けられていたので、娘を預けて楽しんだ。

坂本九」や「岸洋子」のコンサートを聴いた。

 

吉本や落語も。

映画は好みが全く違ったので、私に合わすといつも横で寝ていた。

 

余裕が出来てからはテレビを2台買って、別の部屋で別の番組を観たのだった。

夜は、殆どは野球中継を見ていたので、今のこの状態に夫は辛抱できるかしらん?

 

つづく