a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

キリストは単なる聖人か

12月と思えぬ寒さ。

家の中の掃除に専念する。

洗面台とかお手洗いも。

掃除して良かったと思うのは、洗面台に立つ度に気持ちが良くて「あれ〜きれいやんか」と感動できる。

だからいつも美しく保っていると良いようなものだけど、余裕が無いというか、やる気が無いというか・・・しゃあないと思っている。

 

礼拝メッセージより

「キリストは単なる聖人か?」

聖書 ピリピ2:611

 

キリストは神の御姿である方なのに、ご自分を無にして人間と同じようになられたお方である。6、7

 

十字架に掛かるため、私たちの罪の裁きを身代わりに引き受けてくださった方である。

 自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死までも従われました。 

芥川龍之介の児童のための小説に「蜘蛛の糸」がある。

お釈迦様が蓮の池のほとりを歩いておられると泥棒だったカンダタが地獄に居るのが見えた。

たった一つの善行は蜘蛛を踏み殺さなかったことで、蜘蛛の糸を下げて助けてやろうと思われた。

彼は細い蜘蛛の糸をよじ登ったが、後からぞろぞろ罪人たちがついて登ってくるので、「私の糸だ。登ってくるな!」と叫んだら蜘蛛の糸はプツンと切れて真っ逆さまに再びカンダタは地獄に落ちた、という話。

エス様なら蜘蛛の糸を垂らすなんてことはなさらない。

自らの衣を脱いで裂き、つなぎ合わせて自ら迎えに降りて救い出してくださるだろう。

 

人は、人生をひたすら獲得するために生きてきた。地位とか財産とかを。

喪失は辛いが、主にお返しすると思えば良い。

お捧げすると思えば良い。

ゼロで始まった人生なのである。 4、5

 私は裸で母の胎から出てきた。

 また、裸で私はかしこに帰ろう。

 主は与え、主は取られる。

 主の御名はほむべきかな ヨブ記1:21

 

長島愛生園の患者である俳人、たまきさんはこのような句を読まれた。

「目を捧げ 手を捧げて クリスマス」

クリスマスは主に感謝するときである。

 

 

寒い日曜日

マスクをして、私にとっては真冬の装束ダウンコートを着込んで教会に行く。

急いで行ったので到着したら汗が・・・。

喉がカサカサでも歌う声が出るのは何故だろう?

もう来週はクリスマス燭火音楽礼拝のリハーサルが行われる。

風邪で休んでられないのである。

 

午後は「ザ・クラウン」の続きを見る。

エリザベス女王様が第三子を出産なさるところ。

又、妹君マーガレットの写真家との結婚式の場面で終わる。

女王様役のクレア・フォイが良い。

続きは又明日の楽しみ。

 

 

風邪ひきまだ続く

まだくしゃみと鼻水、こそばゆいのど、肩こり、頭痛、etc…

外は超寒いし大阪市内へコーラスの練習に行くのをやめる。

太陽が出ると部屋は暖かになる。

猫のブラッシングをして、新聞のパズルを解いて・・・。

これはまるでお婆さんの生活みたい(ー ー;)

 

午後は寒しし退屈でベッドで寝てしまった。

やはり、外へ出るのが好きなのだなあ。

 

夕食後netflxで「ザ・クラウン」新しく始まったシーズン2を観る。

ザ・クラウン シーズン1 DVD コンプリート BOX(初回生産限定)

風邪引き癒える

熱が下がったのでベッドから出る。

12月は忙しいので寝ていられない。

宅配便も来るからパジャマではいられない。

大した家事もせず読書で過ごす。

今読んでいるのはマーガレット・アトウッドの「またの名をグレイス」。

先日観た映画の原作で、映画より原作の方が面白いのは当然だが、映画よりもっと怖いのである。

またの名をグレイス 上

 

ヨブ記(3)

風邪を引いた。(⌒-⌒; )

喉を痛めて声が出ない。

電話連絡は出来ないが、今はメールがあるので助かる。

以前は風邪を引いたことがなく、熱など出たことは無かったのに、今は頻繁に風邪を引く。やっぱり年のせいで抵抗力が弱くなったのかな?

昨年年末に引いて第九のコンサートに出られなかった悔しい思い出があるが、あれから6月に引いて、そして今日。

熱は37度までしか上がらないけれど、平熱が35度だから、しんどいのである。

今日はコーラスを休んでベッドで1日寝た。

 

    *  *  *  *  *  *  

 

ヨブ記(3)

ヨブの試練は想像を絶するものであった。

その中で見事な信仰告白をするヨブ。

 私は裸で母の胎から出てきた。

 また、裸で私はかしこに帰ろう。

 主は与え、主は取られる。

 主の御名はほむべきかな。 1:21

そんなヨブが3章になって苦悩を吐露し始める。

ここから「苦難の時の犯しやすい間違い」について学ぶ。

 

聖書 ヨブ記2:7-3:3

 

1、悲しみ作業の欠落

信仰告白は素晴らしいものだが、試練の直後にそう告白するのは実質に伴わない場合

がある。

むしろ、試練の時には充分「悲しみ作業」をして、その後にそう言える信仰でありた

いものである。

また、苦難の中にある人にこの余地を残す配慮が欲しいものである。

 「その時は喜ばしいものではなく」・・・「後になると」の理解が大切 

 ヘブル12:11

 

2、身近な者からの心無い態度

・妻→2:9

 もっとも身近な者が傷を付け易いことは聖書の語るところであって、

 アブラハムのサラに対する場合もそうだった。

・友人→2:11-13

 3人の友人は最初同情を表したが、2:11 後に変わる。(4章以降)

 大切なことは、相手の現実を知って受容的な理解が必要である。

 

 何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。

  マタイ7:12

 

3、間違った質問

3:11-23までに「なぜ」が7回も出てくる。

苦難の時に「なぜ」を問うても答えは出て来ない。

意味を尋ねるのではなく、神には愛の意味と目的があることを信じること。

ヨブは長い苦闘の末、やがて42章以降でその意味を見出す。

 エスは答えて言われた。

 「わたしがしていることは、今はあなたにはわからないが、

 あとでわかるようになります。」 

ヨハネ13:7

クリスマスお茶会

寒〜い。

鼻水が出て、喉がこそばくて、風邪を引いたかな?

葛根湯を飲んだ。

 

教会の「オープンチャーチまきばカフェ」へ行く。

第一水曜日はお茶会。

f:id:a-doll:20171206131638j:plain

この主菓子は食べにくいなあ〜お目々が私を見ているのだから・・・。

目をつむってパクッと頂く。

 

この後、いつものカフェメニュー。

f:id:a-doll:20171206142435j:plain

シュトレーンとケーキと冷たいゼリーと熱い紅茶。

お昼を軽く食べてきて正解だった。

クリスマスのプレゼントの抽選もあって、私はティッシュ入れが当たった。

 

いつも黒い服で決めているおしゃれなNさんが珍しく赤いブラウスを着ているな〜と思ったらサンタさんをやっていたのだ。

ごっこ遊び

気温が下がったけれど、私は元気を取り戻した。

足の痛みも取れたし、歯が浮いているのも治った。

郵便局とスーパーに行く。

スーパーではシールを集めると食器が安く買えるキャンペーン中。

レジで支払いの前に「シール要らない」と断る。

これ以上食器を増やしてどうするの?

レジの女性は「うちの母に言ってやりたいです」という。

彼女のお母さんならまだ60代だろう。

「まだ欲しいお年頃よ」

皆が私のように買うものがないと言ったらお商売人は上がったりやわ。

 

今日もドールハウスごっこ。

パレスでは、クリスマスにお客さまを招待した。

夫婦でロビーで待機している。

ワンちゃんたちも。

f:id:a-doll:20171205104325j:plain

テーブルの準備に手抜かりはないか・・・侍従が点検している。

f:id:a-doll:20171205104435j:plain

台所ではすっかりお料理ができあがった。

f:id:a-doll:20171205104522j:plain

お人形遊びをしていると、童心に帰る。

この年になっても人形ごっこが出来るなんて子供の時には想像もしなかった。