a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

春が来た

暖かくなった。

一度に春になった感じ。

f:id:a-doll:20190320150224j:plain

クリスマスローズは写真を取りにくい。

膝が汚れるし、その割に花はピンボケにしか写らなくて。

美容院に行って、買い物をして帰宅。

 

午後はポール・ニューマンの「傷だらけの栄光」を見た。

1956年製作。

ニューヨークのイタリア人街。貧しい人たちと悪ガキの集まる場所。

ロッキーは天才的な悪ガキだし腕っ節が良いけれど何も世間のことを知らない。

ボクシングチャンピオンになったロッキー・グラジアノの勝利に酔う貧しい人たちの喜びが伝わってくる。

傷だらけの栄光 [DVD]

 

 

花粉症の薬

小雨が降っていたけれど、傘をさして医者に行く。

「今日は血液検査やな」と先生。

「ええ?忘れていて朝ごはん食べてきました」

「糖尿の検査やないからええよ」

これってちょっと前にも忘れていて言われた気がする。

デジャブ。

 

ついに花粉症の薬を出してもらう。

今年の花粉症は尋常じゃない。

薬局で聞くと今の薬は眠くならないようだ。

薬を飲まなくても眠いのだから、眠くなる薬だとどうする?

 

良い映画を観た。

映画というものは大抵面白くて、時間の無駄だったなと思うことは少ないが、この映画は特に収穫があった!

映画「三十九夜」1935年製作のアルフレッド・ヒッチコックのイギリス映画。

主演のロバート・ドーナットが素敵。

三十九夜 [DVD]

 

人を見たら疑え

お天気の良い月曜日。

掃除とスーパーへの買い物で午前中を過ごす。

スーパーへの道で同じ年の友達2人、コーラスの友達1人と会う。

私も含めて自分で歩いて買い物に出かけられる元気が嬉しい。

f:id:a-doll:20190318174122j:plain
出窓のヒヤシンス。

ばたばた忙しくしていたから気がついたら盛りが過ぎてしまった。

 

4年に1度のガスの点検に男性がやってきた。

ガスの室外機やストーブの点検をしてもらった。

異常なし。

しかも「室外機はまだ充分使えますよ」と言ってくれた。

 

後で娘に詐欺かも分からないから良く確認してから家に上げるように、と注意された。アポつきの詐欺とかいろいろあるから、ぼーっとしていられない。

わが目を開きて

寒い!

9時からの礼拝に出席するために8時半に家を出る。

今日の礼拝で、特別賛美にIさんとYさんと3人で新聖歌38番「わが目を開きて」を歌う。

3人とも花粉症で喉と鼻がぐずぐず。

何とか無事に歌い終わったが・・・。

11時半からの2部礼拝では少々グジャっとなった。

音程数カ所、歌詞間違い数カ所・・・。

次回はもう少し気を入れて準備しないといけないと大いに反省した。

 

教会に時々出席されるNさんは92才。

Nさんは学校の先輩で、まだまだしっかりしておられる。

教会から帰って、午後用事があって電話をしたら「賛美」を褒めてくださった。

そして「わが目を開きて」は戦争前に女学校で**先生に教えてもらった懐かしい歌なのだそうだ。

歌詞は全く違って戦意を高揚させるような内容だったとのこと。

「とてもおじょうずだったわ」と褒めてくださった^^;

雷鳴に起こされる

朝、まだ熟睡していたのに突然の雷鳴で目が覚める。

雷が鳴ったら、いつもパソコンの電源を抜く習慣が有る。

仕方がなく起きて、ぼーっとしながら寝ているパソコンを起こして、システム終了をしてコンセントを抜いてまた寝る。

何時だったか忘れたけれどまだ眠いから寝た。

 

昨日は楽しかったけれどくたびれたし、年甲斐もなく大きな声で声援したせいで喉もガラガラだ。

この声援はストレス発散にすごく良い。

「ゴーエードー!」って周囲の大声に混じって一緒に叫ぶ。

余りの声援にプレッシャーを感じたのか豪栄道は負けてしまったのだ^^;

 

明日は礼拝で特別賛美があるのに・・・声が出るかな?

大相撲観戦

「大相撲春場所」を観に行く。

姪夫妻が一緒に行ってくれた。

家まで送り迎えをしてくれたので楽チンだった。

 

久しぶりの大相撲観戦。

何よりも凄いと思ったのは広い体育館に響き渡る大歓声。

わくわくする立会い。力士たちの個性的なパフォーマンス。ご贔屓の力士が負けたときの観客の落胆ぶり。

f:id:a-doll:20190315174034j:plain

写真は栃の心と御嶽海の立会い。

ジョージュア出身の栃の心が勝った。足が痛そう。

 

お弁当と果物と枝豆とおつまみと焼き鳥。お菓子や湯のみやなんやかや、てんこ盛りのお土産つき。

車で送ってもらえて良かった。

この大荷物で電車に乗って帰るのは絶対無理。

 

ああ面白かった(^ ^)

ステージ衣装はどうするか

秋に開催する「50周年記念コンサート」の案が大分煮詰まってきた。

それまでに沢山の曲を覚えないといけない。

 

ところで問題は衣装である。

消えかかっているコーラスの団員に、新しいドレスを作る経済的なゆとりも無いし、意欲も無い。

と言って、15年前に誂えたロングドレスは身に合ってない。

他にも何枚か有るのだけれど、着やすいからと愛用しているブルーのドレス、殆どのメンバーが体型の変化でお腹がぽこっと出てみっともない事この上無い。

さて、どうするか?

 

帰り道、Kべちゃんを公園前で下ろして車を公園前の駐車場でUターンするのに、前の売店で一盛り300円のみかんを買ったら、青々した葉っぱ付き蕪をおまけにくれた。

ベーコンと炒めて食べたら美味しかった。

 

今週は多忙でくたびれてくたくただ。

夜映画の途中で寝てしまって話の筋が分からなくなってしまった。もう寝る。