a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

庭仕事

今日も市役所とスーパーに出かけて汗をかく。

 

夕方重装備で(長靴、長袖、手袋、首にタオル)庭に出る。

放ってあるのに健気に咲いてくれるペチュニア

花殻をとる。

蚊も少し飛び始めているけれど、蜻蛉が飛んでいる。

大好きな植木の剪定はやめた。

理由は少々腰痛が・・・m(_ _)m。

f:id:a-doll:20190619171405j:plain

昨夜遅く、新潟、山形で地震

この上大雨が降って被害が大きくならないよう祈る。

元気なひと

整形外科へ。

涼しかったので坂道を歩いて行ったら汗が大量に出る。

大勢の患者が来ていて先生は大忙しだった。

f:id:a-doll:20190618105634j:plain

道端に咲いていたクチナシ。濃厚な香りがする。

 

ゴスペル歌手のY子さんが久しぶりに寄ってくださった。

今朝、ラジオで浜村淳さんのトーク番組に出られたし、元気でエネルギッシュに大活躍していらっしゃる。

面白い話を沢山してくれた。

聖書の動物たち(6)ー鶏

聖書の動物たち(6)ー鶏

f:id:a-doll:20190617180740j:plain

 

金剛バプテストキリスト教会婦人聖書の集いより

動物は私達人間が思う以上に大きな役割を託されているかもしれない。

鶏もそうである。 

聖書:ルカ22:54-62

 彼らはイエスを捕らえ、引いて行き、大祭司の家に連れて入った。

 ペテロは遠く離れてついて行った。54

 人々が中庭の真ん中に火をたいて、座り込んでいたので、

 ペテロも中に交じって腰を下ろした。55

 すると、ある召使いの女が、

 明かりの近くに座っているペテロを目にし、じっと見つめて言った。

 「この人も、イエスと一緒にいました。」56

 しかし、ペテロはそれを否定して「いや、私はその人を知らない」といった。57

 しばらくして、ほかの男が彼を見て言った。

 「あなたも彼らの仲間だ。」

 しかし、ペテロは「いや、違う」と言った。58

 それから1時間ほどたつと、また別の男が強く主張した。

 「確かにこの人も彼と一緒だった。ガリラヤの人だから。」59

 しかしペテロは、「あなたの言っていることは分からない」と言った。

 するとすぐ、彼がまだ話しているうちに、鶏が鳴いた。60

 主は振り向いてペテロを見つめられた。

 ペテロは「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言います」

 と言われた主の言葉を思い出した。61

 そして、外に出て行って、激しく泣いた。62

 

状況

この箇所は、ペテロがサタンの誘惑に負けて、キリストを否んでしまうところである。

もし鶏が鳴かなかったとしても、ペテロの否みは有っただろうし、否んだ後の反省も有ったかもしれないが、

鶏の甲高い鳴き声が一層深くキリストの言葉を思い起こさせ激しく泣くに至った。

 

1、鶏の鳴き声はキリストの言葉を思い起こさせた。

 イエスは言われた。

 「ペテロ、あなたに言っておきます。

 今日、鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしを知らないと言います。」34

 

2、鶏の鳴き声は、自分の罪深さを思い起こさせた。

キリストのことを

①知らない 

 「いや、私はその人を知らない」といった。57

②無関係である 

 「あなたも彼らの仲間だ。」

 しかし、ペテロは「いや、違う」と言った。58

③何を言っているのかさっぱりわからない。

 しかしペテロは、「あなたの言っていることは分からない」と言った。60

④大言壮語した(最後の晩餐の時に)。

 シモン(ペテロ)はイエスに言った。

 「主よ。あなたとご一緒なら、牢であろうと、死であろうと、

 覚悟はできております。」ルカ22:33

 

 するとペテロは、嘘ならのろわれても良いと誓い始め、

 「私は、あなたがたが話しているその人を知らない」と言った。 マルコ14:71

 

3、鶏の鳴き声はキリストの執り成しの祈りの有難さを自覚させた。

①ペテロを見つめられたー「深く憐れむ眼差し」

②キリストの眼差しと鶏の鳴き声は、数時間前の最後の晩餐の時に語られたキリストの執り成しの祈りを思い起こさせただろう。

 わたしはあなたのために、あなたの信仰がなくならないように祈りました。32

 

4、激しく泣いた。

 そして、外に出て行って、激しく泣いた。62

上記のもろもろの思いが重なり深い悔い改めに至る感情が湧き上がり激しく涙した姿である。

 

神の作られた被造物はしばしば人に神の御心を示す。

雷を通して宗教改革者マルチン・ルターは献身に導かれた。

 神のみこころに添った悲しみは、

 後悔のない、救いに至る悔い改めを生じさせます。 2コリント7:10

f:id:a-doll:20190617182137j:plain

カラバッジョ

壊れたパン焼き器

今日は父の日。

礼拝でお父さんの立場にいる男性が立って全員から拍手を受けた。

頑張るお父さんたち。

主の祝福があります様に。

 

帰宅後パンを焼こうとしたら、中心の棒が折れていて回らなくなった。

ついに壊れた。

メーカーの部品を調べたら、私の使っている品番は見つからない。

もう12年以上使っているから(途中で部品を取り寄せたりして)そろそろ新しいのに買い換えても良いかな。

今度のは12年も使えないだろうけど・・・m(_ _)m。

男はつらいよ・寅次郎夕焼け小焼け

昨日のハイキングでくたびれたし、大雨の予報なのでコーラスを休むことにする。

先日の合唱祭での演奏の反省会でもしておいてくれると良いのだけど。

誰も反省の色なし、で今回も終わるだろう・・・。

朝から「小学校のクラス会」の相談の電話がO君から掛かってきた。

もう解散をしたはずなのに、また会おうという。

ダメ元で女性数人に電話を入れるが皆へばってしまって出てこれない。

たった一人Kちゃんが「タクシーで会場へ行く」と良い返事をくれた。

 

男はつらいよ寅次郎夕焼け小焼け」をみた。

太地喜和子がマドンナで竜野の芸妓、有名な画家に宇野重吉岡田嘉子など懐かしい役者が出ている。

撮影場所が竜野、昨日お昼を食べた古い旅館「梅玉」では寅さんと宇野重吉が泊まって役人などお偉いさんが芸妓衆を呼んだ大賑わいの宴会の場面を撮影に使っていた。

鳥籠山とか揖保川とか、それと撮影当時と余り変わっていない街並み。

お素麺を食べたり、醤油の樽が沢山使われていたり、夕暮れに「あかとんぼ」の旋律が流れる街。

良い所だなあ、と今日も思った。

男はつらいよ・寅次郎夕焼け小焼け [DVD]

ハイキングに行く

高校の同期生のハイキングに「竜野」に行ってきた。

曇り空で暑くもなく絶好の日和だった。

メンバーは男性3人、女性4人の7名。

男性が少なくなってきたのが寂しい。

 

JRで姫路で姫新線に乗り換えて竜野市へ行く。

揖保川を渡って街並みを散策。

風情がある静かな街並みである。

40年前に「寅さん」の撮影に使った街並みが残されている。もう一度「寅さん」を見なくちゃ。

 

「赤とんぼ」の三木露風の生家や歌碑がある。

皆で「ゆうや〜けこやけえの〜」と歌いながら坂道を歩く。

童心に帰って足や腰が痛いと言いながら頑張って歩く。

今日歩いた歩数・・・17000歩!!しかも坂道多し。

 

関西人には馴染みの深い東マル醤油の資料館も見せてもらった。

 

お昼は朝大阪駅で電話予約した100年の歴史がある料理旅館、片しぼ竹林にある「梅玉」。

お昼のコース3500円だったが、味にうるさいリーダーたちが褒めちぎった見事な料理だった。揖保の糸の煮麺も付いていた。

満足。

f:id:a-doll:20190614143733j:plain

 

今日は金曜日だし、観光客は殆どなし。

京都あたりは人で人でごった返しているけれど、我々の様な高齢者のハイキングには打ってつけの街だった。

道路を走る車は警笛を鳴らさず我々が気付くのを待ってくれる。優しさ溢れる素晴らしい観光地。

また行きたい。

f:id:a-doll:20190614160109j:plain

駅前の「童謡赤とんぼのふる里」。

難しいリズム

暑くなった。

予約してあったので美容院へ。

 

午後、コーラスの練習に行く。巡回バスに乗って・・・。

今日も8ビートで練習した。

3連音符に休止符が混ざっていて難しい。こう難解なリズムはアマチュアの弱いところだ。

頑張ろう。

裏庭の紫陽花は太陽に当たってピンクが濃くなってきた。

f:id:a-doll:20190613091344j:plain