a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

2015-12-01から1ヶ月間の記事一覧

今年も終わり

朝、予約してあった美容院へ。 帰りスーパーに寄って少し買い物をする。友達に会った。 「以前にブログに書いていた黒豆入りの玄米ご飯の作り方を教えて」というのでお寿司屋さんの前で簡単にレクチャー。 もう一度ここに書いておくことにする。Wさん読んで…

お節料理の準備

昨年は入院していたし、一昨年とその前の年は1人前のおせち料理を注文して届けてもらっていた。 これは全てがコンパクトに収まっていてお味も良かったけれど、なんか物足りない。 今年は久しぶりに家で準備することにした。 といっても好きな物食べたい物を…

お餅

お天気で暖かい。 今日も掃除をする。主にカラス磨きをした。目が悪いから汚れが見えないのを良いことにサボりにサボってきたが、拭くと雑巾が真っ黒になるからかなり汚れているのである。 ガラス磨きは良い運動になる。ガラス越しの太陽が暖かい。 今日は2…

失敗

朝からしゃかりきで掃除をする。お昼までやったらくたびれた。 午後はうたた寝をしてしまう。 娘が友達のお家で頂いてきたローズマリーでリースを作った。ゆずを輪切りにして飾った。良い香り。 夜になって明日は何時に歯医者へ・・・と診察券を見たら何と今…

礼拝と図書館

今年最後の礼拝に出席する。 Yさんがヴァイオリンで新聖歌22番「御神の愛をば」を賛美された。 原曲はベートーヴェンの「歓喜の歌」で素晴らしい演奏だった。誰かが小さい声で歌っているのが耳に入った。あとで娘が「お母さん、歌ってた?」と聞いたが、わ…

揚げたてコロッケ

朝刊の沢木耕太郎の小説「春に散る」で、出所したばかりの元ボクサーが、ひき肉とジャガイモの揚げたてコロッケにソースをかけて食べる場面が書かれていた。 余りにも美味しそうに描写されていたので、食べたくなって郵便局の帰りにスーパーでコロッケを買っ…

クリスマスデコレーションは

クリスマスというのにお天気のせいでしんどい。年賀状も出来上がったし、契約書作りも終わってポストへ入れるだけとなった。 クリスマスに年賀状が出来上がっているなんて私にしては上々の出来。 アメリカのJ宅では、クリスマスデコレーションを新年までその…

優しい医者

暖かいクリスマスイヴ。 古紙などの資源ごみを出して階段下収納庫が片付いた。庭で落ち葉の掃除も。暖かいのは大いに助かる。 ホームドクターへ行っていつもの薬を処方してもらう。 「お誕生日を迎えたんですね。お元気になってよかったですね。」そして最後…

ゆず風呂

2、3日前から肩が凝って頭痛がしていた。薬でごまかして過ごしていた。 朝、ゆずを湯船にいっぱい放り込んでの入浴。良い香りがして筋肉がリラックスして疲れが取れたみたい。 ようやく年賀状の印刷に掛かった。 朝から雨。お散歩〜と思ったけれど出るのは…

せわしない食事

本町へ。毎年開かれる会議に出席する。昨年は入院中で娘に行ってもらった。 会議終了後、管理会社の3人と5人でいつもの様に「美々卯」で会食。ご高齢のIさんは今年も欠席。 若い男性たちと食べるご飯はせからしい。食事は同年輩と食べるに限る。 彼らは午…

クリスマスリース

クリスマスのリースを作った。 ガレージの横の蔦を掃除して丸めて、郵便受けの蓋の邪魔をしているコニファーの枝を払って、雨の中たわわに実った裏庭の万両の実を採ってきてくっつけた。 昨年は入院中のクリスマスで、友達に頂いた赤い実のリース。ベッドの…

クリスマス燭火音楽礼拝

礼拝で聖歌隊で「荒野の果てに」を歌う。 3時半から「ハレルヤ」と「荒野の果てに」の練習をした。 5時半音楽礼拝始まる。 Kべちゃんが来てくれた。案内ハガキを送ったら来てくれたのだ。嬉しい。 会えなかったので電話で礼を述べると、「教会のクリスマス…

危険な忘年会

同窓会のコーラス、今年最後の練習で、終わってから鶴橋の焼肉屋さんで忘年会をした。 ビールで乾杯をしてたらふく焼き肉を食べた。 そろそろ宴が果てるころ、6年後輩のOさんが大きなあくびをして倒れこんだ。 救急車を呼んで運んでもらった。意識もあった…

キリストの譬え話  「葡萄の木と枝」

婦人聖書の集いより。 聖書 ヨハネ15:1−5内容は「野の花」に記載。

アメリカの香り

娘のステイ先の奥様Tがわたしにプレゼントを託けて下さった。 ペンダントと、ボディローションとボディークリーム。優しい心遣いが嬉しい。アメリカの甘い香りがする。

娘帰国

少し寒くなった。 いつも日向ぼっこするテーブルにママがお人形を座らせたから・・・。 公民館へコーラスの練習に行く。坂道を歩いていたら電動自転車に乗ったMさんが「持って行ったげるわ」と私の楽譜の入ったバックを持って走り去った。 公民館に着くと先…

視野検査

目薬が切れたら嫌なので、眼科へ行く。 今日は1年に1度の視野検査の日。視野検査と瞬きをできない網膜の撮影はくたびれる〜。 「網膜中心静脈閉塞症」という難しい眼病に掛かったのに、ここまで見えているのは珍しいですね。幸運ですよ」と先生がおっしゃ…

年末準備

誕生日が終わったら年末の準備に掛かる。 年末の準備といっても年賀状を書くぐらいで大して用事もない。 昨年は入院していたので年賀状は娘に任せてしまった。今日はぐちゃぐちゃになっている住所録の整理から始めた。 手書きで宛名を書きたいと思うけれど、…

誕生日

大台までいよいよ1年となった。 今のところ元気に好きに自分でさっさと行くことが出来るので感謝である。 明日から雨のようなので、洗濯をしていつものように掃除をする。 娘から友達から次々電話がかかって嬉しい忙しさだった。昨日M子姉は予想通り誕生日…

27回忌

父と兄嫁(7回忌)の法事が実家で有った。妹と兄の家へ出かける。姉2人も参加した。 兄は子福者で4人の子供がいてそれぞれの配偶者と子供たちが6人、配偶者のある孫もいて、そこにはひ孫が生まれて・・・。 大家族総勢21人が集合した。男の孫は背が高…

妹来る

今日も暖かい。 午後山口県から妹が来た。二人でしゃべってしゃべって切りがなく喋る。

体を引き締めて

気持ち悪いほど暖かでクルミちゃんはベッドの上で寝ている。 夜中風が吹いて雨が降って紅葉の葉を散らした。側溝に沢山の落ち葉が溜まって淀んでいる。 ビニールのカッパを着てバケツに山盛りの落ち葉を拾い上げた。 水が流れ出した。やれやれ。 銀行で用事…

雨の練習日

歯医者に行く。途中で6歳年上のY岡さんに会う。ご主人に先立たれ自分も病気になったのでコーラスを辞めてしまった。 向こうから傘をついてヒョロヒョロ歩いて来る。 私に「あんた骨折ってんてなあ〜もう大丈夫?」と心配してくれた。しばらく立ち話。 別れ…

忘年会

町内の「歌と体操」の忘年会に参加した。 送迎バスで「木曽路」へ。ゆったりしたお座敷で掘りごたつ形式の座卓なので年寄り向きである。 お料理もまずまずで皆満足した。 普段休みがちな人も(私も・・・)参加して40人近かった。出てくる人は機嫌よく老後…

愛しいペット

今日のクルミはこんな顔です。飼い主と同じで右目が悪い。 暖かくて良い天気なので、洗濯物を干し布団も干した。クルミはいつものようにベランダで元気に遊ぶ。 今、娘のオレゴンのステイ先J宅には「マディ」という老犬が居て娘にとても懐いているようだ。 J…

動物病院で

クルミが先週から元気が無く寝てばかりで食欲が無い。そして右目がうるうるして半分しか開かずどうも痛そうなのである。 心配なのでタクシーを呼んで美原獣医科病院へ連れて行く。 早朝の混雑が一段落したころを見計らって10時半頃に着いたら、なんと駐車…

誕生月の祝福

アドベント2日目。暖かな日曜日である。教会へのバス通りのメタセコイヤが美しい。 「荒野のはてに」と「ハレルヤコーラス」の練習に参加。今日は月初めで12月生まれの人の祝福が有った。J子さんは12日、Mちゃんは13日、私が14日と続いている。12…

休養日

同窓会のコーラスを休む。 余りばたばた忙しくして郵便物をバッグに入れて2日間持ち歩いた。 書類を待っている人がいるのに・・・。 これではいかん、と郵便を入れに出かけついでに駅前の銀行へも足をのばす。 往復歩いて4000歩。

キリストの譬え話  「放蕩息子」

有名な放蕩息子のお話だが、実はこの話は「兄息子」の話である。 今日は「譬え話」シリーズなので、兄と弟のどちらについても学ぶ。聖書 ルカ15:1−3、11−32以下は「野の花」に記載

大忙しの日

夜中に風が強く吹いたらしい。 よく寝ていて余り分からなかったが、朝寝坊をしてしまった。 大慌てでお弁当を作ってフラのスカートをバックに詰め込んで出かける。 「寒むい!」「聖書の集い」が終わったあと、今年最後の「聖書を読む会」をする。 使徒12…