a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

f:id:a-doll:20041123093114j:plain

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

a-dollは私のつくる人形の商標名の一部。

aはファミリーネームの頭文字です。

はてなブログを始めたきっかけは?

アメリカに勉強に行った娘との交換日記代わりに始めた。

 

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

映画の感想かな?

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

夕方、又は就寝前に1日を振り返って反省、又は喜びを噛み締める時。

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

原則、下書きはしない。

聖書の記事は下書きして保存している。

自分の記事を読み返すことはある?

良くある。

過去の出来事を検索して確かめるのに便利に使っている。

好きなはてなブロガーは?

多くて選べない。

必ず読むのは娘のブログ。

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

毎日書き続けられて感謝をしている。

私にとって「はてなブログ」は宝物。

10年前は何してた?

50年生活を共にして来た配偶者と死別し、悲しみに暮れていたけれど、

すぐに亡き配偶者が嫌っていた猫を飼った悪い妻。

この10年を一言でまとめると?

人生の終盤に向かって直走り、最後までブログを書きたい。

一言で言うと「神に感謝」。

皆やってる圧迫骨折

夜、ベッドで寝ているときは猛烈に痛いのだけど、起きてしまったら私の勝ち。

歩いても座っても余り痛みを感じない。

朝食を済ましてからシャワーを浴びる。

7年前の圧迫骨折のときに介護保険で買ったお風呂の椅子が役に立っている。

 

H子姉ちゃんから電話が掛かった。

毎日ブログを読んで経過を知って心配してくれている。

「あんたは小さい時からか小そうて弱かったから」

 

H子姉ちゃんは88歳だけど元気。

それでも油断はいけない。

「柿の実を採るのは危ないよ」と注意をした。

H子姉ちゃんは庭で採れる柿を干し柿にするのを年中行事にしている。

「ふふふ」と笑っていたけど。

 

娘の高校時代の友達が訪ねて来た。

お母様は昭和11年生まれ(私と同い年だ)で、圧迫骨折をした時ボキッと音がしたそうだ。

1ヶ月半入院していて痛い痛いと言っていたらしい。

私の場合は2度共音もせずに折れた。

今回はレントゲンでもCTでも写らず、MRIでようやく発見されたちょっといじけた骨折。

折れてから1ヶ月ほどで骨がくっつくそうだが、私の場合何日に折れたのか定かでなく、治る日の検討が付けにくい。

 

何れにしても多くの年寄りが経験しているが、

「痛い痛い」と言いながらも全員治って元気になっているので希望が持てる。

 

ところで最近はずっと娘が食事の用意をしてくれている。

私は食べすぎで少し太った。

働かないで椅子に座っているだけの生活だから。

・・・太るわ・・・

f:id:a-doll:20160630115747j:plain

ピエロも泣いている。

(1985年制作)

北海道の木葉の香り

整形外科の患者の中で、圧迫骨折は軽く扱われているみたい。

実際、1ヶ月もすれば痛みは減り、骨はくっついてくれる。

 

でもこの痛みはなった者でないと分からない。

すごく痛〜いのである。

特に私の場合は夜中に痛む。

夜の暗闇の中で痛みに恐れ慄くのは辛い。

 

今日は病院で夜にのむ痛み止めを処方してもらった。

痛いの痛いの飛んでけ〜になると良いが。

 

家に帰ると、すてきなお見舞いの絵葉書が北海道から届いていた。

f:id:a-doll:20211022150147j:plain

桂の葉っぱが貼ってあった。

香ばしいお醤油の匂いがした。

初めて嗅いだ葉っぱの匂い。

 

絵葉書は富良野の「後藤純男美術館」で求められた「晩秋のビスタ」

素敵。

f:id:a-doll:20211022150225j:plain

kさん、ありがとう。

今夜はよく眠れると思います。

楽しいペットの写真

やっとパソコンで記事が書けた。

(かなり時間が掛かった〜)

 

今朝から調子が悪くて痛みが消えず憂鬱だったけど、夕方ごろから少し回復した。

頑張って書類を作った。

 

本当は今日は友達のコンサートに招かれていたから、行けなくて残念で気落ちしていた。

 

教会の友達Mさんからラインで写真が沢山送られて来た。

この度家族に仲間入りした保護ネコの麦太郎ちゃんのやんちゃぶりの写真。

Mさんちにはワンちゃん2匹と先輩猫ちゃんがいて賑やかで楽しそう。

教会の友達には猫好きが多いが、中でもMさんがNo. 1。

 

写真を見ていたら元気になった。

Mさんありがとう。

f:id:a-doll:20211021140242j:plain

うちのクルミちゃんはママが具合が悪いので調子でず。

ママのお膝の上はあまり好きじゃないし・・・

お見舞い

牧師先生から頂いた励ましの御言葉

 若い男たちも つまずき倒れる

 しかし 主を待ち望む者は新しく力を得

 鷲のように翼を広げて上ることが出来る

 走っても力衰えず

 歩いても疲れない

イザヤ40:30、31

 

教会のKさんからのお見舞いカードには

 神は われらの避け所 また力

 苦しむとき そこにある強き助け

詩篇46:1

 

花籠も癒やされる。f:id:a-doll:20211020174619j:image

パソコン入荷

在宅療養生活5日目

 

車椅子のレンタル解約した。

介護ベッドを設置して貰った。

起きている時は大丈夫だけど夜寝ると痛い。

起きるのが辛くて大変なので、電動で動かせるベッドにした。

今まで使っていたベッドは解体して座敷に置いて貰った。

 

さて今夜はどんな夢を見るやろか?

 

f:id:a-doll:20211019165126j:image

やっと待望のパソコンが届いた。

娘に設置して貰ってもう使えるが、慣れないので今日はまだスマホからアップしている。f:id:a-doll:20211019165401j:image

新しいコルセット

在宅療養4日め


午後病院へ行く。
注文してあった胸椎軟性装具が出来上がっていた。
見本はリボンを締めるようになっていて(それは後ろの飾りだった)真っ黒。
まるでマドンナの衣装見たいや・・・。


私が注文したのはベージュ色。
上から薄いブラウスを着ても透けて見えないようにと思った。
早速つけてもらった。
ベージュのマドンナ衣装が体にぴったり。
背中にリボンの飾りが付いていると思うと楽しい。


その後、診察をうけた。


先生の注意された点。
・車椅子には長く乗らないこと。
・二本足で歩くのが良い。
・寝る時は、コルセットはつけたまま少し緩めて寝る。


「先生、朝目覚めてベッドから起きる時がむちゃくちゃ痛いのです。毎朝泣きます」と私。
「そうでしょう。傷むでしょう」
先生は理解を示してくださる。


2週間後にレントゲンを撮ってもらうことになった。
早く、くっついてくれますように。


今日は予約してあったので、早く終わった。
コルセットを付けたら、ぐっと楽になってもう治ったような気分がする。
しかしこれがダメ。
完全に治るまで気を緩めてはいけない。