a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

ドラマチックなパウロの航海

聖書の集いが終わってから「聖書を読む会」をする。

「使徒の働き」26章から終わりまで読む。参加者5名。

パウロが囚人として捕らえられカイザリヤを出発してローマへに行く途中マルタ島へ上陸するまで、船が嵐に巻き込まれるところ。

皆で順番に声を出して読むとまるで映画を見ているような迫力ある場面だと改めて思う。

F田さんが地図で教えて下さって皆で確認した。

買い物をして帰宅後、録画しておいた映画「リスボンに誘われて」を観る。

2013年ジェリミー・アイアン主演。

改めてポルトガルの歴史を勉強した。

リスボンに誘われて [DVD]

 

*八福の教え(4)

婦人聖書の集いより

第4は「義に飢え渇く者は幸いです。その人たちは満ち足りているから」

マタイ5:6

義に飢え渇くとはどういう意味だろう?

1、「義」とは神ご自身である

 それは、今の時にご自身の義を現すためであり、

 こうして神ご自身が義であり、また、

 イエスを信じる者を義とお認めになるためなのです。  ローマ3:26

神を強く求める理由は大きく言って2つ。

・私たちの創造者である。

・私たちの救い主である。

※それでこの八福の教えは「神ご自身を強く求めなさい。そうすれば神を見出すであろう」という意味になる。

 

2、「義に飢え渇く」とは、神に義とされることを求めることである

人に与えられた一生をどう生きたか、死後に裁きがあり、そのために神に義とされる道を人々は求めた。

・旧約時代は律法を守ることによって神に義とされることを求めた。

 しかしこの道は全員が失格であった。

 なぜなら、律法を行うことによっては、だれひとり神の前に義と認められないからです。ローマ3:20

・新約時代はキリストへの信仰によって義とされる恵の道が示された。

  ローマ3:21、22

※この八福の教えは「信仰によって義とされることを何よりも求めなさい。そうすれば救いを得るから」と解釈される。

 

3、「義」とは社会正義である

この世は神の御心に反することが行われる世であり、それゆえ神は以下の方法で私たちが生きる社会に神の御心が行われるころを願っておられる。

・神の御旨が行われるようにとの祈り

 御国が来ますように。

 みこころが天で行われるように地でも行われますように。 マタイ6:10

・御言葉の宣教、それぞれの証や声明 第一ペテロ2:9

・置かれた環境での善行 第一ペテロ2:13-5

※それでこの八福の教えは、

「この世で神の義が行われるように『祈り』『証』『行いなさい』」となる。