a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

耳鼻科

もう1週間になるのに目眩が治らない。
娘に駅前の耳鼻科に連れてもらう。
検査もいろいろしてもらう。高音が聞こえにくいが普通に聞こえているそうでほっとする。
持病だから心配はしていないが、何も出来ないのでいらつく。
心配ないと先生はおっしゃった。そのうち治ります、と。飲み薬も出してもらう。
不便なのは目薬を注すときと粉薬を飲むとき。いちいちベッドに仰向けにならんとあかん。面倒くさい。
映画「おやすみなさいを言いたくて」のジュリエット・ピノシエが薬を飲む場面が数回ある。錠剤なのに彼女は首をコクンと後ろへ倒して飲む。
私は思わず「目回れへんのん?」と突っ込みを入れてしまった。

八福の教え(2)

婦人聖書の集いメッセージより
悲しみに関する教え
「悲しむ者は幸いです。その人たちは慰められるから」マタイ5:4
なぜ悲しむ者が幸いと言われるのか?その意味や理由を考える。

1、悲しみを経験するとき、人の情けをしみじみ感じることができる。
悲しみのとき、心ある人からの真の優しい言葉と態度を通して、人は深い慰めを得ることが出来る。
順境にある間は物事の表面しか知ることができない。
悲しみにあって人は深められ、人生は開花する。
「人間が円熟し開花されるためには。
第一に苦しみや悲しみにあうことである。
悲しみを正しい態度で受け止めるなら、新しい力と美しさがその人の心に加えられる」
(『人生を変える者』ポール・トオウルニエ)

2、悲しみ人のために自分も悲しむ人は幸いである。
イザヤ書53:3によれば、キリストは「悲しみの人で病を知っていた」とある。なぜキリストは当時見下されていた人たちや、罪と弱さで立ち上がれない人たちから「心の友」とされていたか?それはキリストご自身が「悲しみの人で病を知っていた」からであると言えよう。
 喜ぶ者と一緒に喜び、
 泣く者と一緒に泣きなさい。 ローマ12:15
心に深く留めておきたい。

3、自分の罪に悲しむ者は幸いです。
人生の不幸に泣く人は多い。しかし自分の罪に泣く人はどれほどだろうか?
み言葉や人生の経験を通して自分の罪と弱さに悲しむとき、人は神を知り、救いに預かり、神から慰めを得るのである。
 幸いなことよ。
 そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。
 幸いなことよ。

 主が、咎をお認めにならない人、
 その霊に欺きのない人は。   詩篇32:1、2