a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

黄金のアデーレ

f:id:a-doll:20180412095558j:plain

花にら。触ると臭いけれど可愛い花。

今日はかなり気温が低い。

でも庭の掃除には最適なお天気なのである。

雑草はどれも可愛い花をつけていて抜きたくないほど可愛い。

でもこれが放っておくと、猛々しい本当の雑草になるから辛いけれど抜く作業をする。

 

鳴子百合が咲いた。

f:id:a-doll:20180417132226j:plain

午後は映画鑑賞。

「黄金のアデーレ」2015年製作。

ロサンゼルスに住むマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は82歳。

姉が亡くなってその遺品が届く。

その中にグスタフ・クリムトが描いた金ぴかの女性の肖像画の古い絵葉書が有った。

描かれている人物はマリアの叔母のアデーレ。

 

マリア・アルトマンはユダヤ人で、命からがら夫とともにウイーンからアメリカへ逃げてきた。

両親は捕らえられ、家に飾られていたクリムト肖像画数点はナチスが略奪して行った。

 

マリアの友人の息子ランディ・シェーンベルクライアン・レイノルズ)は駆け出しの弁護士で、彼の先祖もナチスの手から逃れてきたユダヤ人。

作曲家シェーンベルグの子孫なのである。

アデーレの肖像画は1億ドルという高価な絵でベルベデーレに飾られている今やオーストリアの宝と言われる有名な絵。

ランディはマリアがその絵を取り戻すために奔走する。

 

マリアは高齢だけれど凛々しい。

相手方はマリアはもうすぐ死ぬだろうし・・・裁判を長引かせたら良いとも思ったろうけど、負けていない。実際は94歳まで生きた。

今「黄金のアデーレ」はニューヨークに展示されている。

この映画は見るのは2度目だけれど、クリムトの絵やウイーンの街が美しいのでまた見てしまった。

黄金のアデーレ 名画の帰還 [Blu-ray]