読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

日々新たに

日曜礼拝メッセージより

「日々新たに」

聖書 第二コリント4:16-18

 

 

日々新たにするには視点を変えなければならない。

3つの視点がある。

 

1、自分自身に対する視点

 ですから。私たちは勇気を失いません。

 たとい私たちの外なる人は衰えても、

 内なる人は日々新たにされています。 16節

「外なる人」とは外見のこと。身体や社会的評価を意味する。

自分がどう映っているか?

幸せの鍵は自分に対する受容だが、自己受容するには他者を必要とする。

しかし相手が人間では不安定である。

 

 わたしの目にはあなたは高価で尊い。

 わたしはあなたを愛している。イザヤ43:4

あるがままのあなたを愛してくださる方がいらっしゃる。神の愛を見出した自分を「内なる人」と呼ぶ。

内なる人に目を注ぐこと。

 

 2、苦難に対する視点

 今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、

 測り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです。17節

 

パウロは仕事、肉体、心の患難を経験した。

「軽い患難」の裏表紙には「重い永遠の栄光が」が記されてある。

神は「この人」という人に患難を与え栄光を与えられる。

 

 

3、現象に対する視点 

 私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。

 見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。18節

 

「見えるもの」は現象の世界。

「見えないもの」は神ご自身。

外からの現象は嬉しいこと、辛いこと、と不安定である。 

それに振り回され余裕がなくなり心配事に支配される。

聖書は見える世界の視点を神に置くように勧めている。

現象をも支配される神。その上万事を益としてくださる神なのだから。

 

ぜひ新しい年は視点を変える生き方をしよう。

神はあなたを あるがままに愛してくださるのだから。