a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

夏休みの宿題

ようやく蝉が鳴いた。今年の7月は涼しくて、このまま夏が来ないと良いが、などと思ってしまう。
子供の頃、7月の涼しい間に宿題をしておけば良いものを、遊び呆けて後回しにして、気が付けば8月も後わずかになってしまっている。
慌てて取りかかったのは良いが、暑いし、夏バテしているし、蝉はせき立てる様にやかましく鳴くし中々捗らないのである。
私の母は「宿題をさっさと済ましておきなさい」と注意をする人ではなかった。だから自主的にやる必要が有ったのだ。
早くしておくのだった。といつも後悔するのだが、これを毎年繰り返したのだからしょうがない。
1番上のT子姉ちゃんには良く助けてもらった。
作文の添削。ちょっと間違いやら言い回しを変えたらぐんと良くなった。解らない言葉や漢字も聞くとすぐ教えてもらったし、大いに助かった。
上には上が居て、夏休みの終わる頃、同じ中学校に通っていた近所の2年下の男の子の親がやって来て「すんまへんけど、日記のお天気写さしてやって欲しおまんねん」と頼んだ。
だいたいは晴れの日が多いけれど、たまには夕立とか降るし、記録してなかったらお手上げだ。
教えて上げたかどうかも覚えてないのだが、私もずぼらだったから、正しい記録を教えたかどうか自信は無い。