a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

聖書の女性(29)ーマリヤ②

教会では今日「父の日祝福の祈り」があった。

お父さんたちは立って拍手を受けて嬉しそうだった。

いつもより男性の出席者が多かったような気がする。

 

 

教会でKさんが「いつもブログのお花の写真を楽しみにしている」と言って下さったが夏に向かって花は無くなる。

ガーデニング熱中症予防のため夏期休暇に入るから・・・。

 

梅雨というのに雨が降ら無いので雑草も生えない。

大葉カタバミもこんな状態。葉が無くなっている。

f:id:a-doll:20170618131718j:plain

 

     *  *  *  *  *  * 

 

マリヤ

マリヤが賞賛されるのは、救い主の母として特別に選ばれた女性であることと、不安、恐れ、悲しみを通して信仰に生きた女性であるということによる。

「処女降誕」から学ぶ。

f:id:a-doll:20170618211916j:plain

        レオナルド・ダヴィンチ画 「受胎告知」

 

聖書 ルカ1:26-38

 

ヨセフと婚約中だったマリヤに御使いガブリエルが現れて「受胎告知」をする。

あくまで「処女」27 が強調されている。

生まれる子は人類の「救い主」31-33 である。

この事実にマリヤに生じた不安と恐れとは?

 

 

内容は「野の花」に。