a-dollのブログ

忘れたくない日々のあれこれの記録

好きな映画百選no.15「ショーシャンクの空に」

良い天気だけど寒くなってきた。

庭に出て植木の点検。

風で飛ばされて木に引っかかっている剪定された枝を掃除する。

 

午後はコタツに入って映画鑑賞をする。

毎日の日課だけど。

 

昨日BSで放映されたので久しぶりに観た。

何度見ても胸がスカッとする大好きな映画。

原作はスティーブン・キングの「刑務所のリタ・ヘイワース

1994年製作。監督フランク・ダラボン

 

銀行の副頭取まで務めたアンディ(ティム・ロビンス)は冤罪で終身刑を言い渡され刑務所に入る。1947年のことであった。

刑務所での日々は過酷なものであった。

一方刑務所に終身刑で入っているレッド(モーガン・フリーマン)は仮釈放の審査で却下される。レッドは囚人たちの調達屋をしている。

映画の中でレッドは10年毎の仮釈放を何度も却下となっている。

 

アンディの刑務所での生活は酷いものだった。

刑務所の中は腐りきっている。

筆舌に尽くしがたい仕打ちを何度も受けた。

 

レッドと親しくなって、必要なグッズを手にいれる。

ある日、アンディに大きな女優のポスターをプレゼントした。

月日が経ってリタ・ヘイワースマリリン・モンローに、ラクエル・ウエルチに変わっていった。

事が動いたのは1965年の事だった。

 

何が一番好きかというと、脱獄して排水管の中をくぐり抜け、川へ出て両手を挙げて自由をアピールする場面。

閉塞感がぱっと消え去り自由を得た喜びが共感できる。

他にも脱獄する映画は多くあるけれど、この映画は脱獄の後の未来図も出来上がっていて、達成感も感じられて好きなのだ。

 

1990年頃の映画は娯楽作品として良い作品が多い。

話が分かりやすい。

昨日のアンタッチャブルでもそうだけど、誰が見ても良く理解できる。

むやみやたらと時が行ったり来たりしないのだ。

 

最後のメキシコの海の青さも素晴らしい。

好きな映画百選に入れる。

 

ショーシャンクの空に [Blu-ray]

ショーシャンクの空に [Blu-ray]

  • 発売日: 2010/04/21
  • メディア: Blu-ray